当店売れ筋ランキング2020年上半期を発表!(テント編) – 【公式】Outdoor Style サンデーマウンテン
アウトドアスタイルをご提案。登山用品からキャンプグッズ、アウトドア用品のオンラインショップ 【サンデーマウンテン】 アウトドア用品のオンラインショップ 【サンデーマウンテン】

当店売れ筋ランキング2020年上半期を発表!(テント編)


当店売れ筋ランキング2020年上半期を発表!(テント編)当店売れ筋ランキング2020年上半期を発表!(テント編)

フィールドに馴染むアイテムを提案!DVERG(ドベルグ)



2020年も約半分が過ぎたところで、
当店の売れ筋ブランドランキング(テント編)を発表したいと思います!

期間は2020年1月~6月までになります◎
これから初めてテントを検討中の方や、皆どんなテントを選んでいるのか気になる方必見!

各テントの特徴なども交えながらのご紹介です。
是非参考になさってくださいね♪


1.NORDISK / ノルディスク
写真
レイサ6 ジャパン ベージュトンネル型のテントで、リビングと寝室が合わさっているのでとっても便利♪高さも約2mあるので、しゃがむことなく行動でき、着替えるときも快適です◎設営はフライシートに3、4本ポールを通して広げると簡単にテントがたつので、そこからペグダウンやインナーシートの取り付けをして完成です!カラーも人気の自然に溶け込むようなアースカラーなので、ギアとの相性も抜群。6人用として販売されていますが、4人程だととても広々つかえますよ★使用の季節は春~秋がピッタリ。

  • 商品を見る


2.snow peak / スノーピーク
写真
アメニティドーム初めてのテントに選ばれることが多いアメニティドーム!人数に合わせてS・M・Lと3サイズあるのも嬉しい。寝室の前に玄関となる前室があるので、雨が降っても靴がぬれることはありません。設営も色分けされたテープにより、どこを合わせればいいのかなど気配りもバッチリ◎少しテントに慣れてきて広いリビングも欲しいな~と思った時には、なんとアメニティードームと連結できるメッシュシェルターもあるのでご安心ください♪

  • Sサイズ
  • Mサイズ
  • Lサイズ
写真
エントリーパック TTテントだけでなくタープもどうしようかなと迷われてる人におすすめ。トンネルテント「ヴォールト」とヘキサタープのセットになります。テントはインナーテントなしでシェルターとしても使用可能です。さらにタープにがあるので、テントから雨に濡れることなく移動できます。区画サイトに収まり、コンパクトに設営できますが、家族4人(大人2人+子ども2人)がゆったりと過ごせるサイズになっているのも嬉しい◎スノーピークが求める品質基準をクリアし、手の届きやすい価格帯にも満足です。

  • 商品を見る


3.OGAWA / オガワ
写真
ステイシーST-2ソロキャンパーに人気の「ステイシーST-2」。コンパクトなテントなのでツーリングされる方にも◎前室が広く、タープがなくてもチェアやテーブルを置いてくつろぐことができます!両側に出入り口があり、メッシュにもできるので暑い時に風通しよくできます。天井にはフックがあるので、ランタンをつるすこともできます。

  • 商品を見る
写真
アポロン ベージュ×ブラウン日本の春夏秋冬の気候に対応した全天候型テント「アポロン」。ファミリーキャンプからグループキャンプまで大型空間なので快適です◎他のトンネル型テントと比べるとポールを一方方向だけに通すのではなく、さらに交わるように十字にポールを入れさらに強度を増しています。そして、全面開放可能なメッシュパネルはインナーテント部分の側面までメッシュ。左右対称のシルエットもとっても美しいです。総重量が23kgとテントでは重量級ですが、キャリアワゴンなどで持ち運びを工夫されるのも◎

  • 商品を見る


4.NEMO / ニーモ
写真
オーロラストーム 2P2020年3月に発売された話題のオーロラシリーズの2Pバージョン。山の形を連想させる特徴的なデザイン。サイドの壁がほぼ垂直なので広い居住空間◎オーロラストームは、日本モデルとして発売され、気候に合わせてインナーテントのメッシュパネルを本国USAモデルのオーロラと比べると少ないです。前室がテントの両側にあり、ギアなどを置くスペースを十分に確保可能。フットプリントも付属しているのでオールインワンで旅支度がすぐにできます。

  • 商品を見る
写真
ヘキサライト 6Pヘキサライトはシェルターなので、暑い日はコットで寝たり、寒い日は小型のテントをシェルター内に設置したカンガルースタイルなど多様な使い方ができます。別売のアジャスタブルタープポールなどもあり、人数や設営する場所に応じて形状を変えることができます。寒い日はストーブをたきながら過ごすのも楽しいですよ♪タープの代わりとしてテントに隣接して設営するのも◎

  • 商品を見る


CHECK MSR / エムエスアール
写真
エリクサーフットプリントも付属していて、軽量・低価格でありながら本格化仕様!エリクサーシリーズは、人数に応じて1~4まであります。今回ご紹介するエリクサー2の総重量は3kg未満と超軽量。お子さんも持ち運びのお手伝いができちゃいます◎MSRの他のモデルよりも厚手の生地を使っているために耐久性が高いのも嬉しい♪カラーもとっても特徴的でかっこいいんです。テント設営してから「あ、やっぱりこっちの場所の方がよかったな」というときに軽々移動できるのも◎

  • 1人用
  • 2人用
  • 3人用
  • 4人用


CHECK HILLEBERG / ヒルバーグ
写真
アラック3憧れのテントHILLEBERG!お値段が張りますがなんのその!キャンプはもちろん山でもかっこいいんです!数あるテントの中から今回ご紹介する「アラック3」は、RED LABELという4つのレーベルのうちの1つになります。RED LABELは、4シーズンで使用可能な耐久性と安定性を備えており、さらに軽量を重視する方にお勧めです!

  • 商品を見る


イチオシ 注目ブランド
logo
ZANEARTS / ゼインアーツ長野県松本市で誕生。発売と同時に即売切れの人気。長年アウトドアギアを企画・開発してきたスタッフにより機能と藝術性の高いプロダクツを生み出しています。

  • 商品を見る
logo
ZEROGRAM / ゼログラム2014年に日本デビューした韓国発ブランド。Helinoxも扱っている軽量で丈夫なアルミポールブランド「DAC」のものをZEROGRAMのテントポールに使用。

  • 商品を見る


その他のテント一覧を見る




ミニコラム
写真

テントゲットでいざキャンプへ!と、熱があがりますが初めて設営するテントとなると時間配分が読めず「設営に時間がかかってしまった…」という方多いのでは?チェックインも昼頃からというキャンプ場が多いのでお昼ご飯のタイミングがなかなか最初はつかめません。張り切ってキャンプ料理作るんだ!と思っても思い通りにはいかないことも。最初はインスタントラーメンや、コンビニで買ってきたおにぎりなど、手軽なものからで全然OK。お湯を沸かして外で食べるだけでも非日常を感じることができます◎