キャンプ初心者必見!ソロキャンプの最低限の道具と予備知識 – 【公式】Outdoor Style サンデーマウンテン
アウトドアスタイルをご提案。登山用品からキャンプグッズ、アウトドア用品のオンラインショップ 【サンデーマウンテン】 アウトドア用品のオンラインショップ 【サンデーマウンテン】

キャンプ初心者必見!ソロキャンプの最低限の道具と予備知識

少し前までは、キャンプは家族や仲間など複数の人数で行うものだと思われていましたが、最近では、SNSやアニメ「ゆるきゃん」などの影響で、一人でキャンプを楽しむ「ソロキャンプ」に注目が集まっています。

ソロキャンプに注目が集まる中、ソロキャンプに興味があっても、何を準備すればいいか分からない人が多いのではないのでしょうか?

なので、今回ソロキャンプ初心者のための準備するべき道具一覧とおすすめ用品紹介、そして、購入の際に覚えておくと良い予備知識を紹介していきたいと思います。

 

ソロキャンプの最低限の道具と予備知識

ソロキャンプをしたいなと思っていても、何を揃えればいいかわからない人が多いと思います。そんなソロキャンプ初心者の人のために、最低限揃えておくと良い道具をリストアップしました。

ソロキャン初心者セット一覧

  • テント
  • 寝袋
  • マット
  • テーブル
  • チェア
  • ランタン
  • 焚火台
  • クッカー

上記のリストの道具を揃えることで最低限ソロキャンプを楽しむことが出来ると思います。

自宅にリスト内の物があるなら代用して使うことで金銭面で節約することが可能です。

また、調理用品や食器類は自宅にあるものを代用するか、プラスチックまたは紙容器を使用しましょう。

 

道具の購入の際の予備知識と商品紹介

まず最初に気を付ける事は、どれだけコンパクトに出来て持ち運びしやすいかを重視すると良いです。

ソロキャンプでは、移動や設営も一人でしなくてはいけないので、出来るだけ荷物をコンパクトにして移動の時間と手間が掛からないようにしましょう。

テント

キャンプのメインとなるテントは、設営するだけでアウトドア感がそんなメインとなるテントは様々な形と性能があります。

テントの種類

  • 自立式

ロープを引っ張ってペグ(ロープを地面に固定する釘)を打たなくても、シートにポールを通すだけでテントの形になってくれるテントのことです。

  • 非自立式

自立式とは違いシートにポールを通すだけでは、テントの形にならないテントのことです。ロープを引っ張ってペグを打って固定することでテントの形になります。

 

  • シングルフォールテント

キャンプ初心者必見!ソロキャンプの最低限の道具と予備知識

テント内と外を隔てる壁が1つしかないため、シングルフォールテントと言われています。

シングルフォールテントは防水性の高い生地が使われているのが特徴ですが、テント内が結露しやすいことや雨のとき、テントから外に出る際に雨がテント内に入ります。しかし、重量が軽く、テントの設営や持ち運びがしやすいです。

 

  • ダブルフォールテント

キャンプ初心者必見!ソロキャンプの最低限の道具と予備知識

シングルフォールテント違い、設営したテントの上にフライシート(防水性の高いシート)を被せ、テント内と外を2枚の壁で隔てているため、ダブルフォールテント言います。

ダブルフォールテントは、テント自体は防水性が弱いため、フライシートで覆う必要があります。また、設営の時にフライシートを被せる必要があるため、設営に手間がかかることと、荷物が多くなってしまいます。

フライシートを被せることで、フライシート内は結露しますが、テント内で結露が起きにくくなります。また、テントとフライシートの出入り口に「前室」と言う空間が出来るので、荷物置き場が出来る事と、出入りの際に雨が直接テント内に入ることを防ぎます。

 

結局どんなテントを購入すればいいの?

初心者の方には、設営が簡単でテント内のダウンの寝袋や荷物が濡れの原因の結露を防いてくれる自立式のダブルフォールテントがおすすめです。

 

おすすめテント

キャンプ初心者必見!ソロキャンプの最低限の道具と予備知識

MSR HUBB NX

価格:52,000円

購入ページ
https://item.rakuten.co.jp/canpanera/m11013-1/

テント設営が簡単で作りもしっかりしているので長く使い続けることが出来ます。

また、高さにも余裕があるため、圧迫感もなく快適に寝ることが出来ます。

 

寝袋

寒すぎて眠れない、目が覚めてしまうことが無いように、快適に夜を過ごすために寝袋とマットが必須になります。

寝袋の形

寝袋は大きくマミー型と封筒型の2種類の形に分けることが出来ます。

  • マミー型

キャンプ初心者必見!ソロキャンプの最低限の道具と予備知識

頭まですっぽり覆ってくれ、体に合った経常で密着性が高いため体温が逃げにくく、保温性が高いのが特徴です。

  • 封筒型

キャンプ初心者必見!ソロキャンプの最低限の道具と予備知識

マミー型とは違い、体と寝袋の間にゆったりとした空間があり、布団と変わらない感覚で、寝返りや横向きで寝ることが出来ます。

 

寝袋の綿の種類

  • ダウン

ダウンの寝袋はふかふかで保温性が高いのが特徴です。また、コンパクトで収納性に優れています。

  • 化学繊維

価格がダウンの寝袋より安い、結露や濡れに強いのが特徴です。

しかし、重量が重くコンパクトにまとめることが出来ないのが欠点です。

 

結局どんな寝袋を購入すればいいの?

初心者の方には、春・夏・秋の3シーズン用マミー型の寝袋をお勧めします。

マミー型の寝袋は、保温性が高く、コンパクトにまとめることが出来るので、荷物がかさばる事が無くソロキャンプにおすすめです。

おすすめ寝袋

キャンプ初心者必見!ソロキャンプの最低限の道具と予備知識

NANGA ナンガ UDD BAG 380DX レギュラー

価格:35,000円

購入ページ
https://item.rakuten.co.jp/canpanera/n15022/

3シーズン対応のマミー型ダウン寝袋。日本製で柔軟性が高く、肌触りが心地いいです。

 

マット

地面の凹凸や、地面からの冷気対策としてもマットは必要です。

マット種類

  • 発砲性マット

キャンプ初心者必見!ソロキャンプの最低限の道具と予備知識

銀マットやウレタンマットなどの発砲性のマット。発砲性マットは断熱性が高く、収納時にコンパクトに折りたためるのが特徴です。

 

  • エアマット

キャンプ初心者必見!ソロキャンプの最低限の道具と予備知識

空気を入れることで地面の凹凸や冷気から守ってくれます。空気の入れ具合でマットの固さを調整する事ができます。

 

結局どんなマットを購入すればいいの?

手頃な価格で買える発砲性マットがおすすめです。

エアマットは一度穴が開いてしまうと使用することが出来なくなってしまいます。しかし、発砲性マットは、ある程度の破れや傷がついても長く使い続けることができます。

おすすめマット

GWのアウトドアを最高に楽しむ!キャンプでの注意点5選と対策用品紹介

Therm-A-Rest Z Lite Sol

価格:6,200円

購入ページ
https://item.rakuten.co.jp/canpanera/t04002/

軽く、収納性が高いだけではなく、地面の凹凸や寒さを防いてくれる耐久性と快適性を兼ね備えたマットになります。

 

ランタン

暗い夜を明るく照らしてくれるランタンは無くてはならないものです。

優しく照らしてくれるランタンの光がゆったりとした空間を作り出してくれます。

ランタンを用意する個数

ランタンは最低でも2個用意しておくと、1つはテント内を照らすテント内ランタンともう1つを夜間の移動やテーブルを照らす用として用意しておくいいです。

 

ランタンの種類

ランタンは燃料によって大きく3種類に分けることができ、種類ごとに扱いやすさと明るさが違うので、知っておくと良いでしょう。

  • ガソリンランタン

もっとも光量が大きいため、周囲を明るく照らしてくれます。また、燃焼時間が長く、熱量が大きいことがガソリンランタンの特徴です。

しかし、使用後のメンテナンスや空気を燃料タンクに送り込むポンピングという作業あるため、手間がかかります。

 

  • ガスランタン

ガスランタンは用いるガスを、バーナーやコンロなどガスを使うアイテムに兼用して使うことが出来ます。

しかし、光量が一定ではないことや燃焼時間が短いことが欠点です。

 

  • LEDランタン

LEDランタンは豊富な種類のランタンがあり、自分の使用用途に合ったものを低価格で選べます。

しかし、ガソリンランタンやガスランタンに比べて光量が弱いのが欠点です。

 

結局どんなランタンを購入すればいいの?

初心者の方にはLEDランタンを購入すると良いでしょう。

LEDランタンは光量が弱いですが、ガソリンランタンやガスランタンとは違いテント内など使用場所に制限がなく、扱いやすいのでおすすめです。

 

おすすめLEDランタン

キャンプ初心者必見!ソロキャンプの最低限の道具と予備知識

ブルーノ LEDランタン BRUNO LANTERN

価格:2,000円

購入ページ
https://item.rakuten.co.jp/canpanera/b06019/

まるでガソリンランタンのような形で、明るさの調整もできて夜のアウトドア気分を味わうことが出来ます。

 

キャンプ初心者必見!ソロキャンプの最低限の道具と予備知識

ソーラーパフ

価格:3,400円

購入ページ
https://item.rakuten.co.jp/canpanera/s16001/

手のひらサイズに折り畳み可能。バックパックにぶら下げることができるので、バックパック内のスペースに余裕を持つことが出来ます。

サブライトとして使うことをオススメです。

 

テーブル

料理や荷物を地面に置くことは、衛生面での問題や汚れ対策として、ミニテーブルを用意すると良いです。

おすすめミニテーブル

キャンプ初心者必見!ソロキャンプの最低限の道具と予備知識

スノーピーク オゼンライト

価格:4,850円

購入ページ
https://item.rakuten.co.jp/canpanera/s06043/

組み立ても簡単で、耐久性が高く天板も余裕のある広さになっています。

収納の際もコンパクトに分解できるので、バックパック内を圧迫しません。

 

チェア

設営の休憩や食事の際に活躍するアウトドアチェア、最近では背もたれ付きのチェアでもコンパクトにたため、軽量の物が多くあります。

おすすめチェア

キャンプ初心者必見!ソロキャンプの最低限の道具と予備知識

ヘリノックス タクティカルスウィベルチェア

価格:15,500円

購入ページ
https://item.rakuten.co.jp/canpanera/h04007/

体を包み込むような座り心地で、チェアに座りながら回転することができます。

収納面においても、使用時の大きさに比べると驚くほどコンパクトです。

 

焚火台

焚火台は料理の調理だけではなく、夜のキャンプを演出してくれる大切なアイテムのひとつです。

最近は、地面で直接火を起こすことを禁止しているキャンプ場があるため焚火台は用意しましょう。

おすすめ焚火台

キャンプ初心者必見!ソロキャンプの最低限の道具と予備知識

ソト ミニ焚き火台テトラ

価格:1,000円

購入ページ
https://item.rakuten.co.jp/canpanera/s09059/

お手頃な価格で、6枚のパネルを組み合わせるだけで組み立ても簡単です。

 

クッカー

ソロキャンプの調理の時に活躍するクッカーは、調理の際は調理器具になり、そのまま器としても使えます。

収納時にもコンパクトにまとめることが出来るため、ソロキャンプには必要不可欠です。

おすすめクッカー

 

キャンプ初心者必見!ソロキャンプの最低限の道具と予備知識

プリムス イージークック・ミニキット

価格:2,800円

購入ページ
https://item.rakuten.co.jp/canpanera/p11013/

蓋も付いていて、取って部分もコンパクトにまとめることが出来るので、持ち運びに最適です。

 

ソロキャンプの最低限の道具と予備知識のまとめ

ソロキャンプではどれだけ荷物をコンパクトにまとめることが出来るのかが大切になります。

今回ソロキャンプ初心者セットを紹介しましたが、もっと快適にしたい、自分が思い描くキャンプのスタイルに合わせて荷物と相談して道具を増やしていってもいいかもしれません。

2019年のゴールデンウイークは、ソロキャンプに挑戦してみては、いかがでしょうか?

 

おすすめソロキャンプ初心者道具まとめ

テント

キャンプ初心者必見!ソロキャンプの最低限の道具と予備知識

MSR HUBB NX

価格:52,000円

購入ページ
https://item.rakuten.co.jp/canpanera/m11013-1/

寝袋

キャンプ初心者必見!ソロキャンプの最低限の道具と予備知識

NANGA ナンガ UDD BAG 380DX レギュラー

価格:35,000円

購入ページ
https://item.rakuten.co.jp/canpanera/n15022/

 

マット

GWのアウトドアを最高に楽しむ!キャンプでの注意点5選と対策用品紹介

Therm-A-Rest Z Lite Sol

価格:6,200円

購入ページ
https://item.rakuten.co.jp/canpanera/t04002/

ランタン

キャンプ初心者必見!ソロキャンプの最低限の道具と予備知識

ブルーノ LEDランタン BRUNO LANTERN

価格:2,000円

購入ページ
https://item.rakuten.co.jp/canpanera/b06019/

 

キャンプ初心者必見!ソロキャンプの最低限の道具と予備知識

ソーラーパフ

価格:3,400円

購入ページ
https://item.rakuten.co.jp/canpanera/s16001/

 

テーブル

キャンプ初心者必見!ソロキャンプの最低限の道具と予備知識

スノーピーク オゼンライト

価格:4,850円

購入ページ
https://item.rakuten.co.jp/canpanera/s06043/

 

チェア

キャンプ初心者必見!ソロキャンプの最低限の道具と予備知識

ヘリノックス タクティカルスウィベルチェア

価格:15,500円

購入ページ
https://item.rakuten.co.jp/canpanera/h04007/

 

焚火台

キャンプ初心者必見!ソロキャンプの最低限の道具と予備知識

ソト ミニ焚き火台テトラ

価格:1,000円

購入ページ
https://item.rakuten.co.jp/canpanera/s09059/

 

クッカー

キャンプ初心者必見!ソロキャンプの最低限の道具と予備知識

プリムス イージークック・ミニキット

価格:2,800円

購入ページ
https://item.rakuten.co.jp/canpanera/p11013/