パタゴニア バギーズシリーズ 2019 – 【公式】Outdoor Style サンデーマウンテン
アウトドアスタイルをご提案。登山用品からキャンプグッズ、アウトドア用品のオンラインショップ 【サンデーマウンテン】 アウトドア用品のオンラインショップ 【サンデーマウンテン】

Baggies Series patagonia


Baggies Series patagonia

sakana

定番アイテムの多いパタゴニア商品の中でも、春から秋にかけて特に人気が高いのがバギーズショーツ。
水中でも外でも着用できる軽くて丈夫な素材と、何にでも合わせやすいバリエーション豊富なカラーが特徴的です。
機能性とデザイン性を備えたブランドを代表するロングセラー商品ですね。

シンプルに収まる形状や、どこにでもこれ一枚で対応できる便利さに、
一度使うと病みつきになるユーザーも多く、幅広い年齢層のユーザーから人気です。

春先の新作発売時には、サイズや柄によっては早々と完売してしまうこともあり、
我先にとお気に入りカラーを押さえるバギーズショーツリピーターの方々を見受けるほど、
その人気も日に日に高まりをみせています。
36周年を迎えた2018年には、パタゴニアの創始者であるイヴォン・シュイナードが手がけた
リミテッドエディションがリリースされ、世界的な話題にもなりました。
まさに全世界に通じた夏のマスターピースと呼べるものが、この「バギーズショーツ」なのです。

sakana


sakana

定番アイテムの多いパタゴニア商品の中でも、春から秋にかけて特に人気が高いのがバギーズショーツ。水中でも外でも着用できる軽くて丈夫な素材と、何にでも合わせやすいバリエーション豊富なカラーが特徴的です。機能性とデザイン性を備えたブランドを代表するロングセラー商品ですね。
シンプルに収まる形状や、どこにでもこれ一枚で対応できる便利さに、一度使うと病みつきになるユーザーも多く、幅広い年齢層のユーザーから人気です。
春先の新作発売時には、サイズや柄によっては早々と完売してしまうこともあり、我先にとお気に入りカラーを押さえるバギーズショーツリピーターの方々を見受けるほど、その人気も日に日に高まりをみせています。36周年を迎えた2018年には、パタゴニアの創始者であるイヴォン・シュイナードが手がけたリミテッドエディションがリリースされ、世界的な話題にもなりました。まさに全世界に通じた夏のマスターピースと呼べるものが、この「バギーズショーツ」なのです。

sakana



カラバリの豊富さが人気の秘訣

バギーズショーツ人気の要因として、まず挙げられるのが、その豊富なカラーバリエーションでしょう。
毎年シーズン毎に追加される豊富なカラーはユーザーを飽きさせることがなく、
春先には新色を待ち望むファンが自然と生まれるようになりました。
新色や新しいデザインのアイテムを、自分のコレクションに追加するのは、
もはやバギーズショーツユーザーの流儀。
春先に起こるアウトドアファンの一つの風物詩と呼べるでしょう。

単色か柄ものかはお好みで

毎コレクションごとに追加される豊富なカラーですが、それらは大きく分けて、
単色カラーと柄ものの生地を使ったタイプに分かれます。

単色カラーのタイプ
単色カラーのタイプ
単色カラーのタイプは、毎年継続される黒やグレーなどの定番色に加え、シーズンごとに様々な新色が発表されます。発色のいいポップなカラーはバギーズショーツの大きな特徴ですが、レディースやキッズでは、よりポップな展開もお楽しみいただけます。バギーズシリーズを初めての方には、まずはマストな定番カラーから始めてみるのもいいかもしれません。

柄もののタイプ
柄もののタイプ
もう一つは、夏のリゾートによく似合うフラワー柄や迷彩柄など、様々なデザインの生地を利用した柄もののタイプ。こちらもシーズンごとに多くのパターンが登場します。中には斬新なデザインの柄も多く、バギーズショーツファンの目をいつも楽しませてくれます。天然素材を利用したバギーズナチュラルには、素材を生かしたボーダー柄などもあり、アクティブな活用だけではなく、リラックスしたムードにも合わせることが可能です。

バギーズの代表シリーズたち

バギーズショーツの楽しみ方は、カラーや生地のデザインだけではありません。
このシリーズには、バギーズショーツをはじめとして、バギーズロングやバギーズナチュラルなど、
異なったデザインがあり、それぞれの特徴を生かした使い方によって、さらに幅広い活用が可能となります。
またデザインは、メンズ、レディース、キッズに合わせてそれぞれ展開されています。
(レディース、キッズにはないシリーズもあります。)

各シリーズの特徴

各コレクションごとに追加される豊富なカラーですが、それらは大きく分けて、
単色カラーと柄物の記事を使ったタイプに分かれます。

各シリーズの特徴


バギーズショーツ
バギーズショーツ
バギーズショーツを代表するメインモデル。股下13cmと短く仕上がっているため動きやすく、ランニングなどにも最適。コンパクトに畳めて収納できるので、荷物がかさばる旅にもマストなアイテムです。
  • メンズ
  • ウィメンズ
  • ボーイズ
  • ガールズ
  • ベビー

ベアリーバギーズ
ベアリーバギーズ
素材や作りはバギーズ・ショーツ同様ながら、股下は6cmと短いので、水着やタンクトップと合わせるのがおすすめ。アクティブに穿けるためのスリットの入った両裾や、ウエスト内側にメッシュの隠しポケットなど、コンパクトになっても機能性も損ないません。
  • ウィメンズ

バギーズロング
バギーズロング
バギーズショーツよりも股下サイズが長いタイプ。サイズ感が程良く、短すぎることが気になる大人の方にもおすすめ。バギーズショーツの短いシルエットに、つい手が伸びなかった方は、まずはこちらから試してみてはいかがでしょうか。
  • メンズ

バギーズライト
バギーズライト
素材に更に薄い生地を使い、バギーズショーツをより細身にしたタイプ。素材はリップストップ・リサイクル・ポリエステル製。股下もバギーズショーツより長く、スッキリとしたスリムなデザインです。欧米人に比べ細身な日本人には相性がいいかもしれません。カラバリは少なめです。
  • メンズ

バギーズパンツ
バギーズパンツ
多くのリピーターが待ち望んでいた、足をすっぽり覆うロングバージョンのモデル。スリムストレートのデザインですが、ウエストと足首がゴム調整の仕様のため、締め付けるようなストレスは感じません。他のシリーズ同様、タフな環境にも十分耐える仕様はバギーズシリーズならではの安心感。より長いシーズンをお楽しみいただるシリーズです。
  • メンズ

バギーズナチュラル
バギーズナチュラル
ヘンプ×オーガニックコットンによる天然素材を利用した、柔らかなシルエットが特徴のタイプ。素材が醸し出す他のバギーズにはない深みあるテイストは、機能的な他のシリーズとは異なり、休日などのリラックスしたシーンに最適です。
  • メンズ
  • ウィメンズ

素材について

バギーズをクローズアップ

水に強く速乾性が高い素材
水に強く速乾性が高い素材
バギーズショーツの素材には、環境への影響を抑えるリサイクル・ナイロンを使用。高強度なナイロンに、パタゴニア独自で開発したDWR※加工(耐久性撥水)を施したものを使用しています。軽さを実現する丈夫さ、さらりとした質感を保つ速乾性が、このハイクオリティな素材によって可能となりました。
※DWR(耐久性撥水)加工は小雨や雪を弾き、乾燥時間を短縮します。防水性/透湿性バリヤーと併用することで、シェルの表面からの水分の浸透を防ぎ、透湿性バリヤーは内側の蒸気を外へ発散します。

快適な履き心地
快適な履き心地
裏地にはポリエステルメッシュを使用し、速乾性をさらに高めています。肌触りのよい、より快適な履き心地の実現のため、こうした細部への拘りも怠りません。見た目の清潔感もキープできるため、湿度によって不快指数が高まる梅雨時や、炎天下の夏のような汗ばむ季節にも相性のいいアイテムです。

また、内側にドローコードが付いた伸縮性ウエストバンドで調節可能です。

サイドポケット(2つ)
サイドポケット(2つ)
両脇の縦型ポケットは水中での抵抗を抑えるデザイン。水はけがよく乾きが速い、ポリエステル・メッシュの裏地付きポケットは携帯電話も収まるため、タウンユースとしても十分に機能します。

ヒップポケット(1つ)
ヒップポケット(1つ)
ヒップの右サイドには、パチンと止まるスナップ留めのポケットが1つあります(バギーズナチュラルのみ二つ)。すぐアクセスでき機能的に活用できるサイドポケットとは違い、しっかりとものを納めたいときにはこのほうが安心ですね。万が一ものが飛び出てしまう心配もありません。

大事な鍵もなくさずこれでOK
大事な鍵もなくさずこれでOK
内側に備えたループには、鍵やフックのついた小さな小物の取り付けが可能です。アクティブな活動も、これで紛失の心配からおさらばです。

コンパクトに収納
コンパクトに収納
右ポケットの中に本体を丸め収納ができる仕様となっています(バギーズナチュラルを除く)。旅行に行くときなどでも、カバンの中でまごつかず、収まりがとてもいいです。

様々なシーン活躍するバギーズショーツ

さて、このようにたくさんのメリットが詰まったバギーズショーツ。
日常からキャンプやフェスやスポーツまで、目まぐるしく動き回る大人のライフスタイルを、
より楽しくより便利にサポートしてくれます。
それぞれのシーンにあったコーディネートも含めて、お届けしていきます。

アウトドアやタウンユースも!




まだまだ気になるパタゴニア