¥3,980(税込)以上のご購入で送料無料!

購入商品[¥2,000(税込)以上]のレビュー投稿で300ptプレゼント!

当店での取扱商品は全て正規品です

TACOMA FUJI RECORDS タコマフジレコード エミリースコーピオン

  • NEW
  • ポイント10倍
¥ 7,150 税込
650 ポイント
商品番号 T64130
カラー サイズ
ブラック
  • L 在庫切れ
  • XL 残りわずか
アイスグレー
  • L 残りわずか
  • XL 残りわずか
amazonのアカウントにご登録の住所・クレジットカード情報でご注文いただけます。
  • アイテム説明
  • スペック
  • サイズ
  • レビュー(0)
ジェリー鵜飼氏の新作アートワークTシャツが登場です。

[以下公式HPより]
Emily Scorpion / MANLARS1992年に結成されたインストゥルメンタルグループMANLARS (マンラーズ)。
オリジナルメンバーは日野 (アルトサックス)、中島 (ドラム)、須田 (ベース)、五木田 (トランペット)、鵜飼 (キーボード)、吉田 (トロンボーン)。
稀に有馬(ギター)が参加していた。
バンド活動期間中はグループ名はなく、活動を休止後にようやくマンラーズにバンド名が決まった。
Emily Scorpion (エミリースコーピオン) はバンド活動末期、下北沢に暮らしていた日野のアパートで制作されたMANLARSにとっては初の日本語ボーカル入りのバラード。
日野の部屋に集まったメンバーが昼間っからビールを飲み、ほろ酔いで始めたジャムセッション。
鵜飼のフレーズを着想に、他のメンバー全員で歌詞を書き、五木田がボーカルを務めた。
この時期メンバー全員が既に社会人となっており、学生時代のように熱心に練習をしたり、ライブ活動を行うことはほぼ皆無であったため、バンド後期に作られたこの曲はついぞ人前で演奏されることはなかった。
しかし90年代後半、日野が恵比寿カチャトラで後に伝説となったソロライブを行った際、ギターの弾き語りでEmily Scorpionがサプライズ演奏された。
素晴らしいパフォーマンスであったが、残念ながらそれが人前で奏でられた最初で最後のEmily Scorpionとなった。
MANLARSは実質解散状態であり、たまにメンバーが集まってもEmily Scorpionの話題が上がることも皆無である。
故に本作は幻の作品のTシャツである。
*このストーリーは少しだけ実話です。

<Jerry UKAI ジェリー鵜飼>
アートディレクター&イラストレーター。
1971年生まれ。静岡県出身。バリカンズ所属。
アウトドアやアパレル、CDジャケットなど、ファッション~カルチャー~ミュージックなど全方位にて活動中。
ULTRA HEAVY, MOUNTAIN POOR BOYSのメンバーでもあり、ここ数年は執筆活動も盛ん。

【 SPEC /製品仕様 】

■ブランド名:TACOMA FUJI RECORDS
■商品名:エミリースコーピオン
■商品型番:―
■カラー:ブラック,アイスグレー
■サイズ:
・L : 身幅 56cm / 着丈70cm / 袖丈21cm
・XL : 身幅 60cm / 着丈73cm / 袖丈22cm
■素材:COTTON 100%
■重量:ー
■生産国:日本
※サイズガイドはこちら
※モニター環境により画像の色合いが若干異なる場合がございます。ご了承ください。
※当店では、正規のルートから仕入れをおこなった商品を取り扱っております。
■広告文責:株式会社カンパネラ
※サイズガイドはこちら
※モニター環境により画像の色合いが若干異なる場合がございます。ご了承ください。
※当店では、正規のルートから仕入れをおこなった商品を取り扱っております。
■広告文責:株式会社カンパネラ

SIMILAR ITEMS

RECOMMEND

KEYWORD